読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録的 本棚ブログ

読んだ本の感想や書評を備忘録的に書いていきます。本棚の様に積み上げていくつもりです。

壊すよりも生み出すのが大事「呪いの時代 内田樹」

my本棚79冊目は内田樹さんが2011年に出版した「呪い」についてのエッセイです。wikipediaによると内田さんは哲学研究者であり、コラムニストであり、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家…と幾つもの肩書をお持ちです。 今回の本はテーマが「呪い」ということも…

ネットよりリアルが大事「弱いつながり 東浩紀」

my本棚68冊目は作家・思想家で㈱ゲンロン代表取締役の東浩紀さんの本です。私は著者をネット動画の対談などでよく目にしますが、著作を読んだことがなかったので今回手に取ってみました。単行本は2014年に出版されていますが、文庫本が今年8月に発売されてい…

「俺の考え 本田宗一郎」が今読んでも学ぶポイント多すぎます

my本棚54冊目はHONDAの創業者、本田宗一郎のエッセイです。 刊行されたのは1963年(私が読んだのは新装版の文庫ですがそれでも発行は20年前!)とかなり古い本ですが、時を越えてなお読み継がれる一冊ではないでしょうか。私がこの本を読んだきっかけは以前記…

今日から新しい一歩を踏み出そう 「今日が残りの人生最初の日 須藤元気」

しばらく本を読む時間がなくて、更新が止まってしまいました。my本棚8冊目は、元格闘家であり、現在は多彩な活躍を見せている須藤元気さんが書いた「今日が残りの人生最初の日」をご紹介します。 須藤元気さんは格闘家を引退し、大学のレスリング部の監督を…

今すぐ世界へ飛び出そう 「私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。」

my本棚7冊目は、ハイパーメディアクリエイターと世間に紹介され、謎めいた印象だけを残していった高城剛さんの本です。 沢尻エリカとの結婚&離婚報道が記憶に新しいですが、この人いったいどんな人?と思った方も多いはずです。 私もその一人で、どういう事…